40代以降の女性の為の情報サイト

  更年期症状に悩む女性の皆さまへ

『おとなの女性にオススメの”新成分”徹底特集!』

40代を過ぎてから、なんだか身体や気分が重い…と感じてはいませんか?

40代以降の女性にとって深刻なのが、心身の揺らぎ。

「ちょっとした事でイライラする…」

「身体がほてって汗をかくようになった…」

「気分が沈んで落ち込みやすくなった…」
「疲れているのに、なかなか寝付く事ができない、眠りが浅い…」
 など、20代~30代ではあまり感じなかった心と身体の変化に気づいている方も少なくないはず。
特に45歳~55歳の方は閉経の時期が重なり、多くの更年期症状に悩まされる期間でもあります。
 
「もう歳だし、身体の衰えは当たり前…」
「若い時のようにはいかない…」

「改善しようとなると、かなりの費用がかかるのでは…?」

 
 などと諦めてはいませんか?
たしかに、更年期症状は年齢と共に減少していく「女性ホルモン」の影響が大きく関わっています。
しかし「女性ホルモン」と似たような働きをする、とある栄養素を摂取することで
ぐっと、更年期の症状を抑える効果が期待できるのです!
女性ホルモンと似た働きをする事で有名な「イソフラボン」についてはご存知の方も多いはず。
しかし、この「イソフラボン」よりも女性の強い味方となってくれる
”とある成分”が医学的にも効果があるとの事。
それってなに?とまだご存知ではない方も、既に知ってる!という方にもより
知識を深めていただける情報をこれからご紹介していきます。
更年期を迎える40代以降の女性のみなさんにぜひ読んで頂きたい
 
『40代以上の女性と健康を支える「エクオール特集」』

 

明日からの毎日が輝かしいものになりますよう、
みなさんのお手伝いができましたら幸いです。

 

「大豆イソフラボン」ではなく
「エクオール」
更年期を迎えた女性の健康と美容はもちろん、
更年期症状にも影響をおよぼす「エストロゲン」。
一昔前に「女性ホルモンには大豆イソフラボンが良い」と
テレビで話題になりましたが、近年の研究により、
「女性ホルモンに良いのは大豆イソフラボンではない」という
研究結果が出ました。実は大豆イソフラボンを摂取した後に
体内で変化した「エクオール」という成分が
女性ホルモン「エストロゲン」と似た働きをし
美容と健康、更年期障害にも効果を発揮するというのです。

 

 日本テレビ「世界一受けたい授業」
2015年5月2日の放送でも取り上げられました。

(※画像クリックで公式HPへ飛びます)

 

 

「エストロゲン」の構造に似ている?

しきりに「更年期障害に効果がある」といっても
そうなかなか信じられません。
なぜ、美容と健康や更年期障害の症状に効果があるのでしょうか。
その理由は、
女性ホルモンエストロゲン」と「エクオール」の構造が似ているため
体内で女性ホルモンと似た働きをしてくれるのです。

 

「エクオール」の効果とは…?

 それでは、摂取すると具体的にどのような効果が期待できるのでしょうか。

一般的にどういう効果があるのか、

「美容・健康・更年期障害」と3項目別にまとめました。

 

美容

閉経後、5年未満の女性に集まってもらい、
大豆を発酵させて作ったサプリメントを
1日2回(朝食・夕食後)、12週間にわたり摂取してもらった検証によると
目じりのシワ(面積率と一番深いシワの深さ)を測定したところ、
目じりのシワの進行を抑えるという結果が報告されています。

 

健康

女性ホルモンは、骨からカルシウムが溶け出すのを押さえる効果があります。
更年期を過ぎて女性ホルモン分泌量が低下すると、年間約2%ほど骨量が減っていきます。
ですので、とくに高齢女性は骨粗しょう症や骨折に気を付ける必要があると言われているのです。
大豆イソフラボンはそのエストロゲン作用によって、骨からカルシウムが溶け出すことを
押さえるはたらきが知られています。
更年期以降の女性に2年間、毎日豆乳500ml(イソフラボン量で約100mg)を飲んでもらったところ、
イソフラボンを摂らないグループは骨密度が約4%低下したのに対し、
イソフラボンを摂ったグループは低下しませんでした。ただしその改善率には個人差があります。

 

更年期障害

大豆イソフラボンは、腸から吸収されて体内で作用した後
1〜2日程度で尿から排泄されます。(つまり、大豆は毎日食べることが大切です。)
更年期の女性を対象として、尿中のイソフラボン類の排泄量と更年期症状について調べたところ、
大豆そのものに含まれているイソフラボン(ダイゼインやゲニステイン)の尿中排泄量と
更年期症状の重い軽いには差が見られませんでした。
一方、尿中のエクオール量だけは、更年期症状の軽い人が多かったということを示しています。
この研究のほかにも、エクオールが更年期のホットフラッシュ(ほてり)や首や肩のこりを和らげるという研究結果が報告されています。

 

 

エクオールを作るために必要なもの

「エクオール」を作るカギは腸内フローラ

 

最近はテレビや雑誌、インターネットなどで特集も組まれるようになり、
知名度も年々上がってきました。
更年期の症状にはもちろん、女性の美容や健康習慣にも効果が期待できる成分として
知られていますが、エクオールは体内で生産されて、初めて効果を発揮します。
では実際に体内で作られるメカニズムを説明していきましょう。
まず「エクオール」を作るのに必要なのは「大豆イソフラボン」という成分です。
これは大豆食品などを摂取して腸内に取り組みます。特に最近話題になった
腸内フローラと呼ばれるヒトの大腸には様々な腸内細菌が棲んでおり、
その一つに大豆イソフラボン(ダイゼイン)を「エクオール」に変換してくれる
「エクオール産生菌」と呼ばれる「ラクトコッカス20-92」が見つかり、
これが大豆イソフラボンを「エクオール」に変換してくれる
重要な役割を持つことが分かりました。

 
…しかし注意していただきたいことがあります。
この「ラクトコッカス20-92」
誰しもが腸内に持っているというわけではありません。
もし腸内に無い場合は大豆イソフラボンは「エクオール」に変換されずに
大豆イソフラボンのまま体内に吸収されてしまうことになります。

 

 
エクオールをつくれる人     エクオールをつくれない人

 

日本人の2人に1人は「エクオール」を作れません

それなら、イソフラボンを毎日摂取すれば
当たり前のように誰もが、エクオールを作れるのでは?と思いきや
実は「エクオール」をつくれる人の割合は、
日本人で50%程度(約半数)、欧米人で20〜30%と報告されています。
日本以外でエクオール産生者が多い国は、中国や韓国、台湾など、
大豆をよく食べている地域であるといわれています。
国や地域によるエクオール産生率の差が出るには、
大豆の摂取量や食生活による腸内環境の違いが理由ではないかと言われています。

 

エクオールプロデューサーの割合

「エクオール」と食生活の変化

 

しかし、日本でも大豆を摂取する機会が年々減少し
年齢が若くなるにつれてその割合が多くなっています。
10代や20代の若い世代は欧米人と同じくらいの割合しか
エクオールをつくれていないということが報告されています。
なぜ、つくれない人がいるのでしょうか。
一般的には食生活の変化が原因ではないかと考えられています。
下のグラフは、年齢別のエクオール産生率と、厚生労働省の国民健康・栄養調査による
豆類摂取量のグラフです。

 

年代別のエクオール産生者比率                日本人の豆類の摂取量

日本人の豆類摂取量のうち97%は大豆。豆類の摂取量は年齢が若くなるにつれて減っています。
政府の目標摂取量は100gですので、エクオール産生率を維持するためにも、
毎日もっと大豆を取り入れることが必要なのです。
「エクオール」を作り出すのに重要な腸内細菌のエサとなる
栄養成分に、食物繊維があげられます。
こちらも近年の食生活の中では摂取量が減っています。
エクオール産生におけるだけでなく、腸内フローラを整えることは
お通じや免疫能力にも効果がありますので是非毎日の食事に心がけてください。

 

「エクオール」がつくれるか

調べる方法があります!

女性の美容と健康、更年期障害に効果のある「エクオール」。
しかし日本人の2人に1人は「エクオール」を作り出すことができない
という研究結果が報告されています。
「私はつくれる体質かしら…?」という方のために、
「エクオール」を作れるか調べられる検査キットが販売されています。
名古屋大学発のベンチャー企業、株式会社ヘルスケアシステムズ
という会社が販売しているソイチェック」。
こちらを使えばあなたが「エクオール」を体内で作れているかが分かります。
ぜひ一度、調べてみてはいかがでしょうか?

 

 

▷「エクオール」の1日の摂取目安量とは…?

●副作用も体調による変化もゼロ?エクオールサプリメントの魅力!●

●手軽で便利な、ホルモン補充療法の副作用とは…?●